RINK

Emikoのブログです。
Emikoのブログです。
ここでも働いています。
ここでも働いています。

南絵美子は

せんねん灸のセルケアサポーターです。

小児鍼とは。。

小児鍼

 

主に関西地方で発展し生活に浸透した一般的な治療法ですが、残念ながら現在では一般的にあまり知られていないのが現状です。小児鍼は生後1ヶ月~12歳に適用できる治療で、大人の鍼治療とは異なり、体に鍼を刺すことはありません。


専用の鍼(鍼というよりも薄いヘラみたいなもの)を用い、やさしく撫でるようなタッチで皮膚の表面をさすります。その刺激により、お子さんを精神的にリラックスさせ、脳ストレスを解消し、また自律神経を整え、免疫力・自然治癒力を高めます。お子様の元気で健康な体をつくるための全身治療です。おねしょ・夜鳴き・かんの虫 などに効果が期待できます。

お子様の年齢にもよりますが、治療時間は10分前後です。ご自宅での方法もお教えします。(予防の意味でも毎日ご自宅でされても結構です。)



*ひまわり鍼灸院では、できるだけやさしい刺激で治療を行っていますが、お子様の体質によっては、まれに治療後に微熱や体のだるさなどの症状が表れることがあります。その場合はゆっくり休ませてあげてください。

ご心配な方はひまわり鍼灸院までお問い合わせ下さい。